2007.02「古民家調だけどシンプルな家」

GALLARY archive 01

門屋の一部だった場所の木造2階、一戸建ての住宅です。

お客様の意向として、古民家調だけどシンプルな家がいい。敷地の他の建物と調和させたい。明るい室内がいい。
等の思いを受け、かたちにしました。

外観です。
他の建物とはまったく違う素材で調和させました。ちなみに外壁は鋼板です。
こだわった9本の木製柱のスリットです。

玄関外部廻りです。
既存門屋と玄関の取り合いには特に気を配りました。

玄関です。
黒の珪藻壁・障子スリット・大黒柱・前門屋で設置されていた梁を、そのまま使ったりと古民家の雰囲気を演出しています。

1階リビングにある窓です。
9本の木製柱のスリットが入ってくる光を時間ごとに変化させるのと、外部からの目隠しの役割を果たしています。

リビング横のファニチャーです。
書道家の奥さまが作品や道具をさりげなく飾れるスペースになっています。

キッチンにも明るい光が射すのと個室・水廻り以外の部分ではひとの気配を感じられるよう考えました。

階段部分にも面白みが出るよう考えました。

2階リビングです。
大黒柱をはさみ、腰壁の格子状開口で古民家調を、ランダムに配置することで遊び心を演出しました。
写真撮影協力:山下デザイン堂