2011.06「両隣に挟まれた家」

GALLARY archive 11

木造2階建て、一戸建ての住宅です。

両隣に挟まれた感じで比較的長細く、影になる部分が多そうな敷地形状でした。
道路に対してはやや閉鎖的で、中庭的なものをとって光を取り入れる計画をしています。

光が届くよう、奥の部分も考慮しています。
水周りの床等には、コルクボードを使用しています。

中庭的なものをとって明るさを確保すると同時に、光をやさしく採り入れる工夫をしています。
ウッドデッキも設置し、視界的な広がりも考慮しています。