シックハウス症候群

住居などにより倦怠感やめまい、ぜんそく、アトピー性皮膚炎、イライラ、頭痛、のどの痛み、湿疹や呼吸器疾患などの体調不良が怒ります。
現在原因として考えられているのは、内装材。
ビニールクロスによる壁紙、合板の接着剤、ポリスチレン製の畳、フローリング、シロアリ駆除剤、ペンキなどが挙げられます。

シックハウス症候群に見られる症状

●目がチカチカする、痛い
●頭痛、頭が重い
●肩がこる
●皮膚炎、アトピー
●鼻水、鼻づまり、鼻炎
●耳鳴り
●ぜんそく、咳、のどが詰まりやすい
●胸が苦しい、息苦しい
●吐き気、食欲不振、拒食、過食
●腰痛、関節痛
●不整脈
●お腹が張りやすい
●便秘、下痢になりやすい
●冷え性
●手足のしびれ
●イライラする、怒りっぽい
●発汗異常、のぼせ
●生理不順、不妊症
●不眠、うつ
●慢性的な疲労

などなど、上記の症状を感じたことがある方については、要注意です。
ローコスト住宅をはじめ、シックハウス症候群で多く見られる症状になります。

せっかく建てた住宅で自身の健康を脅かすのは本末転倒です。
適正な住宅を、ご予算以内で。
柿本建築設計事務所は、シックハウスによるご相談を賜っております。

PAGE TOP